浦安市議会議員 吉村啓治
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Total Acsess
 
公立学校のエアコン施設に自治体差が報知されています

浦安市の小・中学校の普通教室並びに体育館、武道館のエアコン施設率が100%です。
読売新聞地方版に(8/15)に、千葉県内の公立小中学校の「エアコン施設率差」が報知されています。
千葉県では、船橋市、松戸市、我孫子市、鎌ヶ谷市、印西市、香取市、浦安市の施設率100%で、館山市、茂原市、勝浦市、鴨川市、富津市、いすみ市が施設率0%と公表されています。
エアコンの施設には億単位の費用が必要で、子どもには不要という考え方も根強いが、気温上昇を7踏まえると贅沢品ではなく、健康に過ごすための必需品だと指摘しています。
また、予算措置が必要なだけに首長の判断が大きいとも、浦安市でも行政と市議会が一枚岩ではなかったと記憶しております。
習志野市の施設率は11.6%で、同市の木村 孝し議会議員が、浦安市の整備の状況や施設率100%に至った経緯や課題を教えていただきたいと訪ねられました。
担当の教育施設課に親切な対応で小職共々にご教示いただき、ご親切に美浜中学校の実況見聞まで案内してくださいました。
平成4年度〜平成27年度までの経緯をご教示いただき本市の先見性や先駆的な浦安市の取り組みに感心していました。
猛暑の気温が記録的に高くなっており浦安市のような対応が必要になってくることが推察されます。
吉村ブログ | 15:23 |dankaipower|コメント- | -
ヤングアメリカンズ・ジャパンツアー浦安に感動

浦安市文化会館において、第13回ヤングアメリカンズ・ジャパンツアーin浦安が開催されました。
ご招待いただき数名の議員の方々と、とても素晴らしい感動の舞台を拝見しました。
会場には市長、議長、教育長も臨席されていました。
浦安会場は、ヤングアメリカンズが日本で始まった当初から行なっていて、13回目を迎える歴史ある会場の1つだそうです。
今回は、256名の参加者、そして50名以上の地域ボランティアの方々に支えられたそうです。
写真撮影が厳しく制限され素晴らしい圧巻の様子がお見せできないのが残念です。
吉村ブログ | 06:17 |dankaipower|コメント- | -
浦安市倫理法人会役員会&納涼船お台場コース懇親会

浦安市倫理法人会年間行事役員会が開催され、年間行事活動計画や役員新体制が提起され、役割分担並びにスケジュール確認などを実施しました。
役員会終了後、船宿『吉野屋』に集合し、納涼船でお台場コースを周遊しながら、豪華な食事と楽しい懇談しました。
丁度、お台場の花火大会でレインボーブリッジ越しに大輪の花火を観て楽しむことができました。
吉村ブログ | 06:02 |dankaipower|コメント- | -
6月議会報告書Yoshimura Reportの印刷物が到着

昨日のことです。
6月議会報告書Yoshimura Reportの印刷物が到着しました。
今朝は、新浦安駅アトレ口で9時まで配布させて頂きました。
お陰様で9時までは日陰で涼しく助かりました。
なんと、市内で活躍中の有名なお嬢さんが、わざわざ冷たい缶コーヒーを差し入れで届けてくださり感激しました。
議会報告YoshimuraReportにつきましては駅頭配布やポスティングでお届けいたします。
お見かけしましたらお声掛けくださいますと励みになります。
吉村ブログ | 11:27 |dankaipower|コメント- | -
6月議会報告PART.9 ホテルオークラ東京ベイのECO

6月議会報告PART.9 ホテルオークラ東京ベイ(山岡孝次代表取締役社長 総支配人)では、環境省が実施する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に賛同し、7月7日(土)の「クールアース・デー ライトダウン」に参加されました。
社会福祉法人敬心福祉会浦安市障がい者センター「きらりあ」の皆さんが手作りするキャンドルを使っていただいております。
エコ活動と障がい者就労支援活動とのコラボ実現を繋ぐ手伝いをしました。
6月議会報告YoshimuraReportのブレークダウン全てをSNSで報知させていただきました。
これから、駅頭配布やポスティングをさせていただきます。お見かけしたら、お声掛けください。
吉村ブログ | 11:08 |dankaipower|コメント- | -
倉敷市、総社市ともに観光地の観光はできます

今回は、夜行バスで東京と倉敷を往復しました。
走行距離666km 約10時間 満席。
私のように年寄りの硬い身体には、厳しさを感じるも、いい勉強になった。
料金13500円には助かりました。
倉敷市真備町は町ごと被災され皆さん大変なご苦労されていますが、倉敷市街地は何の問題もありません。
美観地区を少しだけ散策することが出来ました。
旅行のキャンセルが多いと聞きましたが、白壁の風景や大原美術館、川船流しなどを楽しんでください。
宮本輝純愛小説の総社市も観光には問題がありません。
吉村ブログ | 07:20 |dankaipower|コメント- | -
総社市救援物資の仕組みについて片岡聡一市長から聴く


総社市の救援物資の仕組みを片岡聡一市長から教えていただき感銘しました。
比較的被災の状況がひどくなかった状況なので、隣市の倉敷市真備町の支援を多方面でしている。
被災直後、全国津々浦々から義援の支援物資が到着し山積みとなる。
行政方から、救援物資を断りたいとの報告を受けて引き続き受けるように指示を出す。
市職員、社協職員、高校生ボランティア多数で、救援物資の仕分けを細かく層別し、フリーマーケット様式で必要の方に必要なだけ支給した。
支援物資を全て受け入れたが、需要が増え供給不足になる位の状況が今も続く。
マスコミ報道で広く知ることになるが、現場に来て現場の行政トップの勇気ある決断に感銘するとともに、大いに勉強になった。
宮本 輝小説…冬の約束、純愛小説の舞台に行って市長に面談できるとは夢の様です。
吉村ブログ | 22:56 |dankaipower|コメント- | -
水害発災から1ヵ月経過した岡山県倉敷市真備町

水害発災から1ヵ月経過した岡山県倉敷市真備町。
被災された住民の皆様が個々人では対応出来ないことをボランティアチームでお手伝いさせていただきました。
私たちが全てにおいて最優先に考える事は、被災された方々の笑顔を1日も早く取り戻す事。
すでに5日から活動をしている水野議員とともに被災住民の皆様が今切実に求めている事を一緒に汗を流しながら学びました。
酷暑のボランティア作業終了後に、特殊技能ボランティアチームスタッフのために地元の方が用意してくださった宿泊施設は、狐狸の様で備前焼の窯があり、見晴らし台からは遠く瀬戸大橋を望むことのできる、よく整備された大きな庭があり蓮池もありました。
建設会社のオーナーの別荘で私たちを無償で宿泊できるようにしてくださっています。
支援物資がたくさん置かれていました。
その別荘へへチェックインし、汗と泥にまみれた体を水野議員とお互いに背中を流しあい素晴らしい大自然が疲れを癒してくれました。
本来岡山県は、晴れの国と言われ、地震津波台風など一般的な災害からは縁遠い地域である事を実感する景色を堪能することもできました。
吉村ブログ | 18:53 |dankaipower|コメント- | -
発災一か月後の倉敷市真備町へ災害ボランティア活動
有楽町を21時に出発して倉敷北口に7:30到着、とりあえず、朝マックしながら、先遣隊の水野市議から倉敷市真備町(晴れの国)の今も続く困難な状況とボランティアで有り難がられている様子を伺いました。
水害発災から1ヵ月経過した岡山県倉敷市真備町。被災された住民の皆様が個々人では対応出来ないことをボランティアチームでお手伝いさせていただきました。
私たちが全てにおいて最優先に考える事は、被災された方々の笑顔を1日も早く取り戻す事と思いました。
すでに5日から活動をしている水野議員とともに被災住民の皆様が今切実に求めている事を一緒に汗を流しながら学びました。
本日の作業は生活再建の中で家の骨組みがしっかりしているのでリニューアルしやすいように壁紙やボード剥がし、保温材の撤去等撤去し清掃する。
一方で大きな家屋だが使用しておらなく家を取り壊してしまう準備で、まず、1か月たっても水を吸い約100kg/1枚の畳24枚2階から一回に落とし、ホークリフトでダンプカーに運ぶボランティアを手伝いました。
水野市議は2トンダンプの運転、フォークリフトの運転も出来、4人でやっと持てる畳24枚がスムーズに片付けられる。
両者から大変喜んでいただける様子に感銘を受けました。
吉村ブログ | 16:59 |dankaipower|コメント- | -
6月議会報告Yoshimura ReportPart.8編集後記
<6月議会Part.8編集後記>
6月定例会議では、県に要望している河川港湾関連事業の内、ゲリラ豪雨の増加や台風被害の甚大化による道路冠水や住宅への浸水被害を防ぐために境川河口部水門と排水機場の早期整備が喫緊の課題です。
県への要望強化を提言しました。
西日本中心に記録的豪雨が襲いかかり、河川の氾濫や土砂崩れなど大規模な災害となり、12府県で224人が死亡される大惨事となってしまいました。
犠牲者の皆様に心底よりご冥福を祈り、被災地域の皆様にお見舞い申し上げます。
小職は稲毛海岸駅頭で立憲民主党の方々と被災地への義援金募金活動をし、400kmほど離れた岐阜県関市の津保川上流山間部に軽トラックをレンタルして行き、ボランティアセンターの指示に従い、浸水で発生した家庭内廃棄物や土嚢などを集積場までピストン輸送するなどの支援させていただきました。
そして、西日本豪雨災害前から計画をしていた治水事業で有名な3300ヘクタール・ 1億トンを貯水できる渡良瀬遊水地に国土交通省関東整備局職員の案内で視察し見聞を拡げています。

吉村ブログ | 07:55 |dankaipower|コメント- | -
 
 
前のページ | 1/442PAGES | 次のページ>>

 
吉村けいじ事務所 〒279-0021 浦安市富岡3-3 サンコーポ浦安D-1102 TEL&FAX.047-353-4527 メール

このホームページはリンクフリーです。記事・写真などの引用をする際は、出典先をリンクで明記してください。画像などへの直リンクはご遠慮ください。