浦安市議会議員 吉村啓治
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Total Acsess
 
浦安市まちづくり活動プラザ内覧させていただく

平成26年度に閉校した旧入船北小学校の施設を活用し、さまざまな活動をする市民が世代を超えて交流や活動ができる場となる「浦安市まちづくり活動プラザ」を市民経済部協働推進課 協働・市民活動推進係主任主事に案内していただき、内覧させていただきました。
市の事業4事業(市民大学・うらやすそらいろルーム・基幹相談支援センター・浦安市適応指導教室)と市内に点在していた、まちづくり活動団体や新規に設立する8事業がが、同プラザに移転集約され活動の拠点として動き始めます。
更に、体育館・運動場が再整備され新規の貸し出し事業も開始されます。
吉村ブログ | 11:16 |dankaipower|コメントcomments(0) | -
2018JapanPrize受賞記念講演会で技術の進歩に感動

東京大学伊藤国際学術研究センター「伊藤謝恩ホール」において開催された2018JapanPrize受賞記念講演会に出席し、リチウムイオン電池の開発で受賞された吉野彰博士(旭化成名誉フェロー・名城大学教授)から「リチウムイオン電池の研究開発と商品化までの道」。
Bリンパ球・Tリンパ球系列の発見とそれがもたらした疾患の病態解明と治療法開発で受賞されたマックス・クーパー博士(エモリー大学教授・米国)から「B細胞とT細胞:免疫の適応能力を支える鍵」とジャック・ミラー博士(ウォルター・アンド・イライザ・ホール医学研究所名誉教授・オーストラリア)から「T細胞と適応免疫:発見から癌治療への応用まで」について、来場者に解りやすく説明してくださいました。
益々小型化し利便性に貢献する二次電池の開発状況、癌は深刻な病気ではなくなる時代の到来を予感しました。
講演を聴いていて研究者同士の連携で情報の共有化をして、更なる開発に挑む姿が覗われました。
吉村ブログ | 07:25 |dankaipower|コメントcomments(0) | -
市川市長選挙村越候補応援に枝野立憲民主党党首来訪


立憲民主党は、市川市長選挙で村越ひろたみ候補を応援しています。
生方幸夫千葉県連代表、枝野幸男党首の迫力ある応援の競演。
16時という時間帯にも、強風にもかかわらず市川南口で、黒山の人だかり、多くの聴衆に囲まれました。
流石です。
一連の応援活動で48万人中核都市の市政停滞を打破し、リーダーとして、財政力に添った行政改革・財政改革を村越候補に託したい市民が多いと感じています。
吉村ブログ | 22:40 |dankaipower|コメントcomments(0) | -
日本国最賞授賞式典で東京藝大の記念演奏会

国立劇場で開催された日本国最賞授賞式典では、東京藝大の日本国最賞式典序曲演奏(邦楽)と式典終了後の東京藝大シンフォニーオーケストラ記念演奏会(山下一史教授指揮)が開催され、天皇皇后と同じフロワーから拝聴することができました。ニコライ作曲「ウインザーの陽気な女房たち」序曲、授賞者のリクエスト3曲、天皇皇后ご退席の後、アンコール曲をいずれも格調高い雰囲気で拝聴することができました。
吉村ブログ | 10:37 |dankaipower|コメントcomments(0) | -
日本国際賞授賞式の様子を招待席から拝見しました。

公益財団国際科学技術財団(吉川弘之会長<元東大総長>)主催の日本国際賞(JAPAN PRIZU)授賞式が国立劇場で、天皇皇后ご臨席の下、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官、文部科学大臣、内閣府特命担当大臣など来賓、審査委員、評議員などが、ご列席の中で開催され、恐れ多い気持ちで招待席から拝見いたしました。
授賞者は、吉野彰博士(旭化成名誉フェロー、名城大学教授)授章業績…リチウムイオン電池の開発。
マックス・クーパー博士(米国)・ジャック・ミラー博士(オーストラリア)授章業績…Bリンパ球・Tリンパ球系列の発見とそれがもたらした疾患の病態解明と治療法開発。の3名でした。
「日本国賞」は、科学技術において、独創的で飛躍的な成果を挙げ、科学技術の進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献したと認められた人に与えるものです。受賞者には、賞状、賞牌及び賞金5000万円が贈られるものだそうです。


吉村ブログ | 09:10 |dankaipower|コメントcomments(0) | -
立憲民主党は村越ひろたみ市川市長候補を応援中

市川市長選挙で、立憲民主党では、生方幸夫千葉県連代表を先頭に、小職も、野党連合推薦、連合千葉・東京推薦の村越ひろたみ候補を一所懸命に応援しています。
昨日は市川駅北口と本八幡南口で応援させていただきました。
生方県連代表から枝野代表や党本部幹部の応援来訪を要請しており、混乱国会中ですが枝野代表の来訪が実現しそうです。
また、「勝のは市民だ!」市民連合の想い「市川のこれからを住んでよかったと誇れるまちにしませんか」その要望を村越ひろたみ候補者が託されて共感しています。
吉村ブログ | 08:58 |dankaipower|コメントcomments(0) | -
「太陽の蓋」上映会&トークライブ近づく

浦安市音楽ホール内ハーモニーホールで開催の「太陽の蓋」上映会&トークライブ近づき、太陽の蓋自主上映実行委員会URAYASUのメンバー、従心会倶楽部大谷代表、津久井事務局長と製作者であり、ポールトゥイン代表取締役会長の橘民義さんをお訪ねしました。
私が何故浦安市で太陽の蓋上映会をしようと思いましたのは、田嶋要衆議院議員のタウンミーティングで上映会に参加し、橘氏が映画を製作した理由「当時の官邸や菅総理の擁護するためでなく、原発事故の発生〜事故対応の真実・真相を知ってもらいたい」子の言葉に心を打たれたからです。読者の方々へ、ご光来くださいますようにお知らせします。
従心会倶楽部の「シニアの知恵・経験・人脈を活かし社会貢献」をする活動に共感を頂き、今後、深く関係醸成ができそうで訪問して良かったと思いました。http://sumitai.ne.jp/urayasu/2018-04-06/53090.html
吉村ブログ | 09:44 |dankaipower|コメントcomments(0) | -
市川市長選歳選挙村越候補出陣式・第一声に出席

市川市長再選挙が公示され、千葉第5区総支部で15年間、共に活動してきた村越ひろたみ候補出陣式並びに第一声〜第二声に出席し応援させていただきました。順調な滑り出しを確信しました。
出陣式(村越選挙事務所)と第一声(本八幡駅)には、選挙対策本部長の立憲民主党千葉県連代表 生方幸夫衆議院議員、民進党千葉県連代表 長浜博行参議院議・小西洋之参議院議員、連合千葉小谷 裕会長、連合千葉総武地域協議会石井一良議長、田嶋要衆議院議員、そして、共産党、自由党、社民党、市民ネットワーク千葉、市民の勝利を目指す会など、各代表が応援のご挨拶をされました。
候補者本人から、『市民を勝利に導くため』「人の健康を守る」「暮らしと環境を守る」「夢と未来を守る」の約束を訴えました。第二声では、社民党副党首福島瑞穂参議院議員が駆け付け応援の応援演説をされました。
吉村ブログ | 04:05 |dankaipower|コメントcomments(0) | -
立憲民主党千葉県自治体政策セミナー(第一回)

立憲民主党千葉県自治体政策セミナーが鎌ヶ谷の市宮川 伸事務所(千葉第13区総支部)に千葉市・鎌ヶ谷市・船橋市・松戸市・柏市・印西市・富里市・成田市・白井市・浦安市の自治体議員が参集し諸問題について意見交換会が開催されました。
◇働き方改革◇生活困窮者・生活保護受給者の自立支援◇原発・自然エネルギー(原発ゼロ法案・福島第二原発廃炉法案・東海第二原発廃炉法案・森林経営管理法案・海上風力発電促進法案・気候変動適応法案)・国土交通関係(成田空港・北千葉道路・北環状線)・木更津オスプレイ問題・子育て関連(子ども発達センター・産後ケアセンター・児童相談所)など、多岐にわたって勉強会を行う。
その後、村越ひろたみ選挙事務所に陣中見舞い。立憲民主党は生方幸夫千葉県連代表を先頭に小職も村越候補を応援しています。再選挙となりましたが、一回目と比べ支援体制の整い方が違います。自民・公明与党候補と野党連合統一候補の選挙戦の構図となりました。
吉村ブログ | 07:06 |dankaipower|コメントcomments(0) | -
境川に こいのぼりを およがせよう!準備作業

境川に こいのぼりを およがせよう!は、今年で25回目開催。4月30日〜5月5日の間、10本のロープに約25尾の鯉のぼりが吊られます。
鯉のぼりを吊るロープは約60mで吊られたこいのぼりのフックが移動しないようにロープに石ころをビニールテープで等間隔に2個づつ取り付け境川の現場でスムーズに貼られるように今川少年の広場で準備。
そして、吊られる鯉のぼり250尾の天日干しをして、ロープごとに袋に収納。若潮公園内に飾られる大物の鯉のぼりも30尾ほどを天日干しして整理収納する作業をしました。
今年は入船おやじの会から、7名の方が手伝ってくださり大変助かりました。
吉村ブログ | 20:37 |dankaipower|コメントcomments(0) | -
 
 
前のページ | 1/428PAGES | 次のページ>>

 
吉村けいじ事務所 〒279-0021 浦安市富岡3-3 サンコーポ浦安D-1102 TEL&FAX.047-353-4527 メール

このホームページはリンクフリーです。記事・写真などの引用をする際は、出典先をリンクで明記してください。画像などへの直リンクはご遠慮ください。