浦安市議会議員 吉村啓治
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Total Acsess
 
尊敬する郷土歴史研究家の前田智幸さんの記述紹介

私の尊敬する郷土歴史研究家の前田智幸さんのFacebook掲載記述を、そのまま紹介します。 
私も、浦安に住んで好かったと思っています。
第2次埋め立て工事で生まれた土地に創られた街を浦安では「新町」と呼ぶ。いつ街が形成されるかを知るには、小中学校のできた年代を調べればいい。新町は、平成時代の街だ。この街の特徴は、広い公園が多く、地域コミュニティーの核となる公民館が充実していて、外周の海辺には歩行者専用道路が整備され、歩道も広い。幹線道路の歩道幅は8メートル以上ある。それで、若いファミリーに人気の高い街区でもある。
 この町づくりのヒントを与えてくれた都市がある。昭和53年、街づくりの方向性を模索していた浦安町視察団は、観光都市として発展すにはどうすべきかの勉強会に、ディズニーのある米カリフォルニア州・アナハイム市に向かった。アナハイム市では、市長、全市議会議員、市の幹部、警察署長、消防署長が出席した説明会を、朝8時の朝食会から始めてくれた。
 当時のアナハイム市は米国でも「ダイナミック・シティ」として注目されていた。その席での市長の助言が街づくりに生かされることになる。市長は「ここに出席した者は、市のマネージメントを担当しているメンバーです」と紹介して次のように話した。
 一つは、小中学校から500メートル以内に、子どもたちが伸びのび遊べる公園と運動施設を造ること。
 もう一つは、充実したカルチャーセンターをつくること。
 新町の海辺を回る時、故熊川市長から聞いたこの話が、いつも頭に浮かぶ。
 これが、40年後の街の姿に具現化されている。保育園の先生が教えてくれた。「年中組(4歳児)が公園まで歩いていきたいと云った。往復で1キロになるが、元気に遊んで帰ってきた」と。幼児も安心して歩ける歩道があるから、できる。
吉村ブログ | 22:05 |dankaipower|コメント- | -
 
 
 
吉村けいじ事務所 〒279-0021 浦安市富岡3-3 サンコーポ浦安D-1102 TEL&FAX.047-353-4527 メール

このホームページはリンクフリーです。記事・写真などの引用をする際は、出典先をリンクで明記してください。画像などへの直リンクはご遠慮ください。